占いの種類はどういうのがあるのか

占いの種類はどういうのがあるのか

占いの種類って多すぎると思いませんか?占いには正確な分類方法というものが無いため、世界に何種類の占いがあるのかは把握できないレベルです。

細かく分ければ数百を超える占いが存在していることは間違いと言われています。今回は、世界各地で生まれた占いの種類や特徴についてみていきましょう。

✡ほしよみ式占い師育成講座HP

3種類の占い「命・卜・相」とは

世界各地に存在する占いを分類してしまうことは難しいと言われていますが、占いは大きく分けると「命・ト・相(めい・ぼく・そう)」の3種類に分類することができます。

この3種類は、それぞれに占うことができる事柄や得意分野が異なると考えられおり、占いの元となる考え方も異なっています。だから、占い師はこの3種類の占いを上手く組み合わせることで、その人の運命などを正確に読み取ることができるようになっています。

ではと「命・ト・相(めい・ぼく・そう)」はどういうものなのか調べておきました。

命占い

その人の運命・宿命などを占うものが「命」に分類される。生年月日や生まれた時間と場所などの要素を加えることで、生来の気質や傾向を読み解き、今後の人生の流れなどを占う。推命(すいめい)とよばれる占いもここに含まれています。

身近な例で言えば朝のニュースでやっている星座占いや動物占いも「命」に分類される占いの一つです。

ト占い

何かを決断する必要があるときに「何かしらの結果」をもとにして占う事で、その方向性を導こうというもの。時間、事象、方位など基本にして、シンクロニシティ(意味のある偶然の一致)から結果を見ていきます。

分かりやすい例で言えば、テストで数字えんぴつを転がして回答を決めることや、花びらを一枚ずつ千切りながら「好き…嫌い…好き…」と占う恋愛占いも「卜」に当てはまります。

相占い

姿や形などの目に見える明らかな事象から、人の現在や今後の運勢を占います。姓名判断や手相占い、風水など日本人にもかなり馴染みの深い占いが多いです。

組み合わせることが大切

占い方法によっては得意・不得意があり、どの占いが必ず当たるというものはないんですよね。何事に言えると思いますが、長所と短所というものですがあります。

なのでその悩みに対して強い占い方法を選ぶことで的確なアドバイスや今後の方針などを決めることはできます。

自分の悩みでもどこの占いをいけば適切な答えが得れるのかわかると思うのでぜひとも参考にして欲しいです。

✡ほしよみ式占い師育成講座HP
TOPページを見る